ご利用事例

事例1

[認知症]80代の母が認知症と診断されて

事例1

現在、65歳以上の高齢者の15%が認知症を患っているといわれます。認知症になると、記憶力や判断力が著しく低下し、徘徊やせん妄、うつなどの症状が表れます。このため、病気が進行すると介護が必要になり、自立した暮らしを営むことが難しくなります。
しかし、認知症が軽度で、かつ適切なサポートがあれば、患者様が自立した生活を営むことは十分に可能です。本ケースでは、アラジンケアの定期的な看護師訪問を活用しながら、住み慣れた自宅で1人暮らしを続けている事例をご紹介します。

詳細を見る
事例2

[脳疾患]長寿高齢化の進展で脳疾患が増加

事例2

日本人の平均寿命は男性79.94歳 、女性86.41 歳に達し、世界有数の長寿を誇っています。一方で、高齢化とともに脳疾患も増える傾向にあり、後遺症により、ご本人のQOLが著しく低下するだけではなく、ご家族も長期化する介護負担により、大変な思いをされているケースは少なくありません。しかし、仮に重い後遺症が残ったとしても、適切なリハビリさえ行えば、患者様の状態を改善することは十分に可能です。本ケースでは、脳梗塞で倒れたお父様のリハビリを目的としてアラジンケアの看護サービスを利用され、ご家族の負担が減り、リハビリにも満足いただける成果を得た事例をご紹介します。

詳細を見る
事例3

[ターミナルケア]「自宅で最期を迎えたい」という切なる願い

事例3

家族に見守られながら、住み慣れた自宅で、静かに最期を迎えたい――これが多くの人の願いであることは、様々な調査結果からも明らかです。しかし、終末期には、病状の急変や身体的な痛み、精神状態の不安定化など、未経験の状況変化が次々に起こります。このため、在宅での看取りに不安を感じ、二の足を踏む患者様やご家族が多いのが実情です。

本ケースでは、「自宅での看取り」に大きな不安を抱えながらも、アラジンケアの看護師が夜間中心の長時間サポートを行うことで、ご家族による看取りを実現した事例をご紹介します。

詳細を見る
事例4

[外出・外泊のお付添い]最後にひと目、自宅を見たい

事例4

人生の折々を過ごした家は、隅々に懐かしい記憶をとどめています。余命の告知など、間もなく訪れるであろう「死」を自覚したとき、「自宅で最期を迎えたい」と希望する人は、全体の8割に上ると言われています。しかし、病状が重篤であればあるほど、在宅療養には困難がともなうのも事実です。
そういう場合に、一時的な外出や外泊であっても自宅に戻ることで、「一度でいいから自宅に戻りたい」「時間が短くてもいいから自宅で過ごしたい」といった患者様の希望を叶えることが可能です。本ケースでは、様々な制約から「在宅療養」が難しい患者様が、アラジンケアの看護師が付添うことで、1泊2日の自宅での外泊を実現し、ご家族水入らずの、楽しく充実した時間を過ごされた事例を紹介します。

詳細を見る
事例5

[結婚式のお付添い]結婚式の付き添いで親子を支える

事例5

人生の伴侶を得て、新たな門出を祝う結婚式。それは新郎新婦にとって、親御さんはじめ自分たちを祝福してくれる人たちに、感謝の意を伝える大切な場でもあります。最近では、晩婚化の影響で、新郎新婦の関係者の高齢化も進んでおり、疾患や運動機能の低下などにより、出席したくてもあきらめざるを得ないことも少なくありません。公共施設や式場のバリアフリー化が進んでいても、式場スタッフやご家族だけでは、十分な介助が難しいケースが多いのが実情です。

本ケースでは、神経難病と認知症を疾患として抱える新郎のお母様に、アラジンケアの看護師が付添い、結婚式に無事出席できた事例を紹介します。

詳細を見る
事例6

[旅行時のお付添い]終末期の患者様の温泉旅行をサポート

事例6

たとえ病気を抱えていても、できることであれば旅行を楽しみたい――そんな願いを抱く人は多いのではないでしょうか。しかし、終末期にさしかかった患者様が旅行に出かけるのは、容易なことではありません。旅先での医療処置や容態が急変したときの対応などに不安があるため、出かけたくてもあきらめてしまう患者様やご家族も多いのが実情です。
本ケースでは、余命告知を受けた患者様が、アラジンケアの看護師が旅行中ずっと付添うことで、楽しい温泉旅行を実現した事例をご紹介します。

詳細を見る

ページの先頭へ